子供が幼稚園の間に働く
幼稚園ママの看護師パート求人さがし > ママナースの働き方 > 幼稚園ママナース パートの働き方がオススメな理由

幼稚園ママナース パートの働き方がオススメな理由


子供が幼稚園に入園しても看護師の仕事を続けたい!

幼稚園ママナースの働き方には、抑えておきたいポイントがいくつかあります。

ポイントさえ抑えて働き方を選べば、しっかりと子育てと看護師としての仕事も両立することが出来るでしょう。

家族からのサポートが重要とはなりますが、夜勤あり常勤看護師として幼稚園のお子さんを育てながら働くママナースも多いです。

とはいえ、全体的に見ると幼稚園ママナースの働き方としては、パート・アルバイト勤務が多いですし、復職の際の働き方としてもパート希望のママナースは多いですね。

子供が幼稚園に入園しても看護師として、ママナースとして仕事を続けるコツ

またこれから復職や転職をお考えのママナース向けに、実際に幼稚園ママナースが働きやすい職場探しをするための求人探しの方法についてもご紹介しています。

幼稚園ママナースの働き方

保育園と比べて、幼稚園は働きにくいですよね?

と思われているママさんも多いと思います。

確かに、仕事を持つママにとっては幼稚園は通っている時間(預かり時間)も保育園と比べて短く、長時間勤務を前提とするならば、とても働きにくいです。

病気になった時のお迎えや小児科への受診をママに代わって行ってくれる、など家族からのサポートがなければ無理でしょう。

しかし、最近は幼稚園も預かり保育が充実しています。

朝の7時から夕方19時など、幼稚園によって預かり時間に関して違いがありますが、昔よりも長い時間預かり保育をしてもらう事が出来ます。

(幼稚園ごとに預かり保育の時間などは異なりますので、幼稚園選びの際に注目して見てください)

夜勤無し、残業ほぼ無しでの日勤専従であれば、十分常勤ナースとして働く事は可能でしょう。

しかし実際にはパートとして働きつつ、子育てと看護師の仕事を両立されるママナースの方がとても多いです。

私の通う幼稚園でも、必ず同じようにクラスにはママナースがいます。
毎年、クラスメイトも代わりますが、ママナースがいます。

同じバス停でもママナースがいたこともありましたね。

こんなに看護師してるママが多いんだ、と最初思ったものです。

働き方で多いのは、子供達が幼稚園に通っている間の時間だけ、午前中だけパートで働く働き方

しかし、1名、2名くらいは常勤で夜勤もこなすママナースがいたりもします。
もちろん、両親が同居していたり、近くにいて夜勤の日に預けられるといったサポートがありますね。

そうしたサポート無し、夫婦だけで子育て、というママナースはほぼパートです。
幼稚園ママナースが無理なく子育てと両立して働くには、パートの働き方が気持ち的にも体力的にも余裕が持ちやすいので、オススメですね。

幼稚園ママナースでもパートで働く方はとても多いです。

ただし、パートでの働き方であっても幼稚園の特徴については理解しておかないと後から大変になってしまいます。

子供を幼稚園に入れてパートで働く際の注意点

幼稚園は教育機関

幼稚園は教育機関。

保育園は福祉施設です。

この違いは大きく、幼稚園は親の都合は考慮してくれませんので注意したいですね。

残業があるのでもう少し預かって欲しい、と延長保育の時間をさらに超えて、と言った事は無理です。

保育園であれば、24時間保育対応などを利用していれば、延長料金を支払うことは必要ですが対応して貰えるでしょう。

幼稚園はお迎え時間は厳守、です。

自分が行けない場合には、必ず誰か他の家族にお願いする事が必要です。
またお迎えに関しても厳し幼稚園の場合、夫婦もしくは祖父母までに限定している場合もあります。

叔父、叔母にも協力を考えているママナースもいらっしゃるかもしれませんね。

そうした場合には、幼稚園選びをされる段階でそうした情報にも注意されると良いかもしれません。

また幼稚園の場合、お弁当の日がある園が多いです。
お弁当が週に何日あるかも、幼稚園によって違いますね。

多い場合だと、毎日お弁当。
週に1日、2日だけお弁当など違いがあります。

お弁当がある無いでママの忙しさはかなり違ってきます!

前の日からしっかりお弁当準備をしておくと良いのですが、これも意外と負担が大きいです。

こうした負担は出来るだけ減らしたいな・・・というママナースの方は、お弁当が1日や無しといった少ない幼稚園を選ぶ事もポイントです。

平日の幼稚園行事、役員会・PTA

幼稚園に子供を通わせていると、平日にかなりの用事が入ってきます。

幼稚園にお子さんを通わせる場合、年間行事などが予め分かりますから、平日にどれくらいイベントがあるかを確認してみると良いと思います。

また、仕事を持っていても役員などが強制的に分担で担当、といった幼稚園も少なくありません。

役員会、役員の仕事などは午前中、日中と長い事もあります。

こうした事を考えても、パートの働き方の方が動きやすいですよね。

子供の習い事も考えて、パートの働き方を選ぶママナースも

今、お子さんの習い事も当たり前ですね。

幼稚園が終わってからの水泳、英会話、体操教室、サッカー、フットサル、そろばん教室、将棋・・・様々な習い事があります。

連れて行くのはママがメイン、というご家庭も多いと思います。

たまには両親に代わってもらったり、といった事もあるとは思いますが、子供の習い事を毎回自分以外に頼む、というケースは少ないでしょう。

子供のこうした習い事も考えると、やはり勤務日数の調整がしやすいパートの働き方はメリットを感じますね。

幼稚園を選ぶ事で、ママナースも十分働く事は可能!

看護師
幼稚園によっては預かり保育の時間が長く、働くママにも助かる事が多いです。

事前の情報収集をしっかりと行って、ご家庭にとってメリットの多い、ママナースが働きやすい幼稚園を選びたいですね。

ご家族のサポートにより、常勤看護師としても十分、働く事が出来ると思います。

もちろん、ママナースとしてパートの働き方は十分可能です。

職場の理解はもちろんあるところを選びたいですね。

子供の急な病気によるお迎え、休みは幼稚園時代にはどうしても避けられませんかね。

パートであれば、子供が幼稚園に通っている間の時間だけ、短時間OKの職場も多いです。

ママナースとして、働きやすい職場探しをされる場合には、

ママナース向け求人が多い、オススメの看護師紹介会社

などを活用されると良いでしょう。

希望条件に合わせてパート先を探してもらう事が出来ます。




キーワード